じんましん(蕁麻疹) 漢方薬の相談 大阪堺市のまごころ漢方薬店

HOME

まごころ漢方とは

漢方相談をお考えの方

漢方相談する

漢方体験談

店舗紹介

お問い合わせ

>> HOME >>蕁麻疹と漢方について

蕁麻疹(じんましん)と漢方薬について

〜まごころ漢方の蕁麻疹(じんましん)の考え方〜

蕁麻疹(じんましん)を漢方で治療する場合、西洋医学で分類されているようなコリン性蕁麻疹、日光性蕁麻疹、食物性蕁麻疹、薬剤性蕁麻疹、物理性蕁麻疹、、心因性蕁麻疹といったような分け方はしません。

漢方では、湿疹として捉え、蕁麻疹(じんましん)という特定の病名ではなく、
その方の体質がどういった体質で漢方的要素の何がおかしくなって湿疹(じんましん)という身体の不調のサインがでているのかを分析していきます。

西洋医学では、蕁麻疹(じんましん)の原因としてアレルギー性、アセチルコリンの影響などをあげていて、治療はアレルギーを抑える原因物質を特定し、除去する。
かゆみを抑えるステロイド剤や抗アレルギー剤などの治療薬が一般的です。
特に原因物質が検査によってわかっていても、それが、日常的な食べ物(小麦や卵など)の場合、理論的に理解できても、実際に制限するのは至難の技です。

蕁麻疹(じんましん)で漢方相談に訪れる方々は、まごころ漢方に来られたときには、大抵、上記の治療を病院で経験されています。
つまり、ステロイドもアレルギー剤もある程度の期間、使用してみたけれど、あまり効かなかった。
もしくは、最初はお薬が効いていたけれど、時間がたつにつれ、効かなくなったという方です。また、漢方を飲んでみたが、変化がわからなかったといった方もいらっしゃいます。

ネットや素人の方向けの漢方の本などの蕁麻疹(じんましん)の項をみていますと、蕁麻疹(じんましん)には、●●の漢方薬がよく使われますと特定の処方が書かれていますが、蕁麻疹(じんましん)とアトピーを併発している方やストレスを感じたときにしか蕁麻疹(じんましん)の出ない方、体力があって蕁麻疹(じんましん)以外は御身体の問題のない方、蕁麻疹(じんましん)以外にも慢性頭痛や不眠症もある方など、一口に蕁麻疹(じんましん)といっても様々です。

本来の漢方治療では、こういった様々な蕁麻疹(じんましん)に対応するため、おひとり、おひとりの体質をみていきます。
まごころ漢方では、子供さんの慢性蕁麻疹から、長年続いている蕁麻疹(じんましん)まで、現在の体質の分析からはじめ、どの漢方薬であれば、あなた自身の自然治癒力を高めてくれるのかを考え、ご一緒に蕁麻疹(じんましん)を克服するお手伝いをさせていただきます。
ぜひご相談ください。お待ちしています。

  蕁麻疹(じんましん)の漢方相談をする

不妊症などの漢方ブログ 漢方相談室
漢方 漢方薬

〒593-8303
大阪府堺市西区
上野芝向ヶ丘町2-7-3
ベルゾーネ向ヶ丘1F2号

不妊 不妊症 漢方 相談 大阪堺市のまごころ漢方薬店

営業時間
10:00〜19:00
休日
日曜日・月曜日・祝日
事前にご連絡くだされば時間外でもご相談いたします。

 

ご予約はコチラから
TEL&FAX 
072-279-6010
メール
info@magocoro-kanpou.com