不妊症の漢方相談や蕁麻疹やアトピーの漢方薬も取り扱っています。大阪堺市 まごころ漢方薬店

HOME

まごころ漢方とは

漢方相談をお考えの方

漢方相談する

漢方体験談

店舗紹介

お問い合わせ

>> HOME

まごころ漢方が考える不妊について

〜まごころ漢方の不妊症の考え方〜

不妊治療の期間が長くなると初めの頃の『赤ちゃんがほしい!』という思いから『不妊の状態を治さないと」といったような焦りに近いような思いにかわっていってませんか。

赤ちゃんを授かるために精神的負担を感じていませんか?

不妊症は病気ではありません。 大半の方は確実に不妊であるという、はっきりとした原因があるわけでもありません。
漢方での不妊治療とは治療をしていくのではなく、元気な赤ちゃんを授かるために将来お母さん、お父さんになるあなたの御身体を元気に健康にすることを目標にします。

基礎体温の高温期と低温期の差がないとか高温期が続かない。
体温が低すぎるといった状態には、個人差があります。
基礎体温がガタガタで体温が低いまま妊娠された方がいます。

2ヶ月に1回の月経が当たり前の状態で妊娠された方がいます。

西洋医学で、まず行うのは不妊の原因をさがすことです。 卵管狭窄や卵巣が腫れている。プロラクチン血症や無排卵。
何か問題がないかを探します。
その原因を特定し、診断に見合ったお薬などで治療していきます。

原因がない場合は、
『原因がないのになぜ授かれないのだろう??』 原因がある場合も
『なんで私にはこんなに不妊原因があるのだろう』
と精神的に負担を感じてしまいますよね。

漢方では不妊を病気として治療するわけではないので、お母さんになるあなたの御身体の欠点を探す作業はしません。
基礎体温や月経周期、先ほどの卵管、卵巣の問題などを体質を考えるための参考にはしますが、部分、部分を病気の原因とし治療していくわけではありせん。
それらのデータも含めて御身体を総合的に判断し、どうすれば、健康な身体になるのかを考えます。

また健康な身体になるということは、若い頃の体調と一緒になる。
つまり若返るといってもいいでしょう。

健康な御身体であれば当然、ホルモンの働きも正常になるはずですし、体内の赤ちゃんを授かるための準備もできているはずです。
健康な御身体であれば、当然、赤ちゃんを授かることができるはずですが、今までうまくいかなかった事実もあります。 ですから、お食事や運動、精神的なことなど生活全般を、赤ちゃんを授かるた めの積極的なものに整えていくことも重要です。

まごころ漢方では、不妊でお悩みの方に特にお願いしているのは、治療という精神的なプレッシャーを持たずに健康な身体づくりや生活を心がけながら自然妊娠を目指していきましょうとお話しています。
御身体にいいものを食べないといけないとか、これは食べてはいけないとか。

そういったあれはダメこれはダメと制限をするようなものではありません。ごく自然にお母さんになるための健康な生活、また受胎してから元気な赤ちゃんになるまで十月十日間、無事に 育てていくための快適な環境づくりを目指します。
まごころ漢方では、不妊でお悩みの方に特にお願いしているのは、治療という精神的なプレッシャーを持たずに健康な身体づくりや生活を心がけながら自然妊娠を目指していきましょうとお話しています。

漢方における不妊に対する考え方では、FSHホルモンが少ないとか黄体ホルモンが少ないとか、高プロラクチン血症など検査等によってあぶり出された原因に対して、特定の漢方薬が効くといったようなものではありません。
漢方医学は、ある決まった漢方薬を飲んでいれば妊娠できるといったよう な病名から選ぶ適当な選択をする治療でもありません。
また健康食品を体質にあわせた漢方として実は誰にでも同じ組み合わせの健康食品を提案するいったようなものでもありません。
漢方は東洋医学的なモノサシ、人間的な検査といってもよいかもしれませんがその東洋医学的モノサシを使って、おひとりおひとりの体質を判断し、その体質に基づいて漢方薬を選びます。

生活もおひとり、おひとり違います。いろいろな不妊の方のご相談をしていますと特に生活の中で悪い習慣だと知らずにしていることがたくさんあります。
まごころ漢方では、不妊の方に体質を整える漢方薬の提案だけでなく、おひとりおひとりにあわせた生活をより赤ちゃんが授かりやすい生活に自然に馴染んでいけるようにアドバイスいたします。
生活のアドバイスも一般的な誰にでも同じようにお話する一般的な養生法ではありません。

もちろん、病院の治療と併用されていてもかまいません。
ただし、まごころ漢方では、西洋医学にのっとった漢方の説明や治療はいたしません。自然医学、東洋医学、生命の力といった部分からアドバイスさせていただきます。

そして西洋医学は西洋医学として捉え東洋医学と、どううまく融合させていくことができるのかを考えていきます。

僕達、夫婦も不妊で苦しみました。流産の経験もしました。その経験を通してあなたのお気持ちを理解することができると思います。 あなたにも少しでも早く赤ちゃんを授かった時の感動をわかちあいたいと願っています。

  不妊症の漢方相談をする

不妊症などの漢方ブログ 漢方相談室
漢方 漢方薬

〒593-8303
大阪府堺市西区
上野芝向ヶ丘町2-7-3
ベルゾーネ向ヶ丘1F2号

不妊 不妊症 漢方 相談 大阪堺市のまごころ漢方薬店

営業時間
10:00〜19:00
休日
日曜日・月曜日・祝日
事前にご連絡くだされば時間外でもご相談いたします。

 

ご予約はコチラから
TEL&FAX 
072-279-6010
メール
info@magocoro-kanpou.com